明るい声に。

2011/03/18 Fri 09:39

3月15日は、甥っ子の7歳の誕生日でした。

姪っ子や甥っ子達と、お互いの誕生日の時は「おめでとう」を言い合う約束をしてるのに

すっかり忘れていたら、甥っ子のほうから「ボク、今日誕生日」と電話をかけて来た(汗)


無邪気な子供と話していると気持ちが救われるようだった。


お誕生会は延期になったんだと言いながら、「地震とか停電があるからしょうがないよ。

ケーキのろうそくは後で使うから食べなくってもいいよ。

給食もパンと牛乳だけだったから大丈夫。」と 何だか分からない事を言っていた(苦笑)


だけど、子供なりにこの事態を理解しているんだなって事は伝わった。

聞くと、この日からパンと牛乳と一品の簡易的な給食になり、しばらく続くそう。


でも、甥っ子たちは明るい。

「ちょろとぽてちの絵描いたから、地震がなおったら遊びにきてねー!」と、とても明るい。

その声に、大人の私の方が励まされた気がしました。 鼻がツーンと痛くなりました(笑)


地震がなおったら遊びにいくよ! ちょろぽての絵が楽しみだ!


はながさき



日が経つにつれ、停電の不便はあっても普通に生活出来ている事に感謝して

必要以上に不安にならず、穏やかに過ごしたいと思っています。

過酷な被災地の方々の気持ちを忘れずに。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村







ひとりごと