スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今だからわかる事。

2011/11/10 Thu 13:56

ちょろの脳炎が分かって今日で一ヶ月になります。

あっという間だったというより、一日一日がすごく重かった一ヶ月でした。

最初は、ちょろがすぐいなくなっちゃうんじゃないかと思って 動揺ばかりだったけど

全国のお母さんの言霊に励まされて、ちょろも私達家族もポジティブにここまで来れました☆

本当にありがとうございます <(_ _)>


今日はずっと書きそびれていた事を書こうと思います。


1110-01.jpg



ちょろの『壊死性髄膜脳炎』という病気、他の脳炎もそうか分かりませんが

症状の一つに「怒りっぽくなる」という事があるそうです。

『そう言われれば…』って思い当たる事がいくつかあって


数ヶ月前から、ちょっとした事でウーッと唸って怒ってたんです。ガマンが出来ないというか。

でもいつもってワケじゃないから、それを病気と結びつけて考えられなくて

『ちょろって、ワガママになったんかなー。歳とったからかな。』程度で

あまり深く気にしてなかったんですね。



1101-06.jpg



病気が判明した前日、私がいつものように抱っこしようとした時

もの凄い剣幕で怒って、私の指を噛んだんです。人差し指の腹に、思いっ切り犬歯が刺さって出血。

それはそれは痛かったです(涙) 今も痕がハッキリ残ってます(苦笑)

でも、痛みよりちょろがこんな事するって事がショックで 冷静になるまで時間がかかりました。


明らかにちょろは変でした。体のどこかが痛くて触れられたくないのかとばかり思ってたけど

今になって思えば、脳に病気があったからだったんですよね。



1110-02.jpg



トリミングの時なんかも、ちょろは怒って抵抗する事があったらしくて

「ちょろちゃん性格変わったかな」ってトリマーさんが思った事もあったみたいです(汗)


それからのちょろは、何をしても全然唸らなくなりました(苦笑)

これが元々の性格なのか、薬が効いているからなのかよく分からないけど

ちょろ自身が穏やかに過ごせてるんじゃないかなと思います^^

いつもイライラばかりじゃ、ストレス溜まりますもんね(^^;



1101-04.jpg



ちょろの性格の変化をおかしいと思って対処出来てたら、お散歩がひと月も出来ないような

生活はしてなかったかも知れない。。って思うと、気付けなかった事を後悔してしまいます。

でも、気付く事にも限界ってあるから、後になって分かる事があっても仕方ないのかなと思います。

なんて、言い訳かなあ(^^ゞ でも、その時その時で、飼い主としてちゃんと考えているし

これからもそれは変わらないって、ちょろにもぽてちんにも伝わっていたらいいなって思います^^



11-10-03.jpg



その時出来る事を精一杯やるだけかなって思います☆




ちなみに…


1101-05.jpg



ぽてちんって怒らないし、結構何でもされるがままで手がかからないんですよ^^

でも、外で激吠えする時は とっても手を焼きます(▼-▼*) エヘ♪




にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


今日も訪問してくださってありがとうございます(^^)

ちょろ | コメント(14)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
もう一ヶ月経つの?早いねえ。
ちこさんの記事を読んで心臓がドキドキしちゃったのを今でも覚えてるし。

今だから分かったこと……その時は、ほとんどの飼い主さんは分からないと思うな。私達は病気の知識もないし、怒りっぽくなったから病気を発症してるなんてまずは考えないもん。
でもこんなに早く良くなるちょろ兄を見て来て私も嬉しい。
まだまだ治療は続くけど家族で頑張って下さいね。

噛まれた指……痛かったよね きちんと手当てしてもらった?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんにちは。
ちこさんがちょろくんとぽてちくんのことを
いつも気にかけていることは
ブログを読んでいればすごく良くわかります。
それでも、気がつかないことだってありますよ。
変化に気がついたとしても
病気と関連付けるなんてことは知識があるわけじゃないし、無理ですもの。
その時、その時で一番よいと思われることを
ちこさんご夫婦はよく考えてされていると思います。
飼い主として自信を持ってくださいね^^
ちょろくんに噛まれたこと、きっと傷より心が痛かったでしょう。
私もね、
一度だけ、みるくに噛まれたことがあるんです。
こころがうちに来てしばらくしたころだった。
ストレスがたまっていたのでしょうね。
後にも先にもその時一度でしたが本当にショックだった。
ちょろくんがやりたくてやったことじゃないって
わかってよかった気がします。
病気が原因だからこんな言い方はおかしいかもしれませんね。
ごめんなさい。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。