スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

療養中。

2014/11/28 Fri 12:38

20141128-003cc.jpg



今週のはじめ、ちょろが散歩中に転んで、左前足を痛めてしまいました。

今は、マイペースでゆっくり歩くのは出来るけど、早歩きや走ることはできません。

診察の結果、首周辺に集まる神経に炎症があって痛いために
左前足をつきたくないんだろう、との事。でも、ムリして歩こうとすると
左右の歩幅が合わず、リズムが崩れると、何でもない所で転んでしまう。

実は、これまでも何度もこういう事があって、お薬で対処してきました。
ちょろが飲んでる薬はだいたいいつも、プレドニゾロン、メチクールとビタミンBのサプリ。
量はその都度変わります。



20141128001cc.jpg



お薬が効けば走れますが、その間隔がだんだん短くなってきて、
ちょっとした事でも痛そうにしてる時がありましたが
今回のそれは、今までの症状より重いです。


少しの段差でもたつくとか、アミアミを飛び越えられないとか
何でもない場所で転ぶとか、今まで出来てた事が出来なくなってきて。
体力の衰えは顕著です。
トイレ(うんち)も、タイミングが自分でもわからない時があるみたいで失敗する事も度々。。。
一年前とはだいぶ違ってきています。



20141128002ccc.jpg



先生は、脳炎からくる症状ではないだろうと言いますが
飼い主の勘で、少なからず影響はあると感じています。


ちょろとぽてちは2歳半違いだけど、最近では、外見も体力ももっと離れてるように感じる。
それはそれぞれの個性だから、それぞれに愛しいのはもちろんだけど
ちょろに、病気さえなかったらな。。。と思ってしまう。



20141128-005cc.jpg



一歩一歩、ゆっくり確かめて歩いてる姿を見てると、たまらなくせつい…

私自身の色々な気持ちと混ざり合って、この3日間は泣いてばかりでした。
今まで似たような事があっても、明るく前向きにって思ってきたけど我慢の糸が切れてしまった。 
何がこんなに悲しいのか分からないのに、ただただ泣いて何も考えたくない心境でした。


これからの時間、今までと同じようでいいのかなって迷いもあるけど
すぐに落ち込むダメダメ飼い主と、少しだけおじいちゃんになるのが早いちょろと
泣き笑いの日々が、一日でも長い事を願うだけです。



20141128-0010cc.jpg



たくさん痛い思いをしてきてるんだから
寂しい思いだけは、これからもさせないからね。

今は少しお休みの時。 また元気になろうね。


にほんブログ村 犬ブログへ









闘病記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。